学術研究
Swiper01 Swiper01 Swiper01
AglyMax®の学術発表
注:■論文発表 □学会発表
「突発性難聴に対するアグリコン型イソフラボンサプリメントによる効果」第10回日本未病システム学会,2003年1月・川崎
「卵巣摘出マウスモデルを用いた肥満予防でのイソフラボンアグリコン(AglyMaxR)の効果」:第17回日本更年期医学会(現:日本女性医学学会),2002年10月・鹿児島
Genistein, daidzein and glycitein inhibit growth and DNA synthesis of aortic smooth muscle cells from stroke-prone spontaneously hypertensive rats.(日本語:ゲニステイン、ダイゼインとグリシテインは、高血圧・脳卒中自然発症ラットの大動脈平滑筋細胞の増殖およびDNA合成を抑制する) J. Nutr. 131: 1154-1158, 2001.
「大豆の発酵培養物(ImmuBalance:旧名:ImmuSoy)とイソフラボンアグリコン抽出物(AglyMaxR)のマウス脾コロニー法による造血幹細胞増強効果」,医学のあゆみ.196: 169-170, 2001.

このページの先頭へ