学術研究
Swiper01 Swiper01 Swiper01
AglyMax®の学術発表
注:■論文発表 □学会発表 ◆関連論文発表
Isoflavones regulate secretion of leukemia inhibitory factor and transforming growth factor b and expression of glycodelin in human endometrial epithelial cells.(日本語:イソフラボンは、ヒト子宮内膜上皮細胞における、白血病阻害因子およびトランスフォーミング成長因子bの分泌、ならびに、グリコデリンの発現を調整する)J. Endocrinology 196: 425-433, 2008.
Daidzein-rich isoflavone-aglycones are effective in reducing hot flashed in menopausal women. (日本語:ダイゼインリッチなアグリコン型イソフラボン(AglyMaxR)は更年期女性のホットフラッシュを減らすのに効果的である)Menopause 15: 125-132, 2008.
Use of isoflavone-aglycones as complementary and alternative medicine (CAM) for QOL improvement in women.(日本語:女性のQOL改善のために補完代替医療(CAM)としてのイソフラボンアグリコン(AglyMaxR)の効果).第15回国際女性心身医学会(ISPOG),2007年5月・京都
Dietary soy and tea combinations for prevention of breast and prostate cancers by targeting metabolic syndrome elements in mice.(日本語:メタボリックシンドローム要素の乳がんおよび前立腺がんのマウスにおける大豆とお茶の相乗的な予防効果) Am J Clin Nutr. 86: S882?S888, 2007.
Effects of a daidzein-rich isoflavone aglycone extract on the prevention of obesity in an ovariectomized mouse model. (日本語:巣摘出したマウスモデルにおける食餌誘導した肥満に対するダイゼインリッチ・アグリコン型イソフラボン抽出物(AglyMaxR)の効果)Clin Exp Pharmacology Physiology 34: S55-S57, 2007.
Effects of a daidzein-rich isoflavone aglycone extract on the prevention of metabolic syndrome in menopausal Japanese women.(日本語:肥満気味の閉経前日本人女性の体組成におけるダイゼインリッチ・アグリコン型イソフラボン抽出物(AglyMaxR)の効果) Clin Exp Pharmacology Physiology 34: S76-S78, 2007.
Isoflavone aglycones promote the mRNA expression of eNOS in aorta and have anti-hypertensive effect in stroke-prone spontaneously hypertensive rats. (日本語:アグリコン型イソフラボンは、脳卒中易発症性高血圧ラットにおける大動脈の内皮型一酸化窒素合成酵素のmRNA発現を促し、血圧降下を促す)Clin Exp Pharmacology Physiology 34: S53-S54, 2007.
「世界調査からみたイソフラボンの効果と安全性:メディカルサプリメントのすすめ」第21回日本更年期医学会(現:日本女性医学学会),2006年10月・京都
「女性の心身症および精神障害に対するメディカルサプリメントの有用性について」第35回日本女性心身医学会,2006年7月・大宮
「更年期での代替療法としてのイソフラボン-その基礎と臨床-」第20回日本更年期医学会(現:日本女性医学学会),2005年11月・大宮

このページの先頭へ